医師転職の失敗事例⑧【人間関係が理由で病院への信頼を無くし、スタッフとの関係も最悪】

医師転職の失敗事例⑧【人間関係が理由で病院への信頼を無くし、スタッフとの関係も最悪】

医師転職の失敗事例⑧【人間関係が理由で病院への信頼を無くし、スタッフとの関係も最悪】

人間関係が理由で転職を繰り返す医師の評価とは?

人間関係が理由で転職をする医師は少ながらずいるのですが、それが転職の最たる理由でさらに何度も転職を繰り返している場合、面接前の段階の評価はかなり低くなってしまいます。

転職エージェントの立場でお話しすると、その理由であればやめたくなる気持ちはわかる。というケースはあります。

ただし、その細かい原因を鑑みて採用不採用を決めてくれる病院は非常に少ないです。
履歴書を見て、短い期間での転職が多い医師に対してはうまくなじめない医師。
すぐ辞める医師。自己中心的な理由で逃げがちな医師。
こういうイメージを持たれてしまいます。

もちろん、話をしっかり聞いてもらえる様に場を作るのが私たちエージェントの仕事なので、転職先を探すために必死に動きますが、かなり動きが制限されてしまします。

だからこそ、転職をするという選択肢を安易に持たないでほしいと思いますし、うまく行かないからといってすぐにまた転職しようと思わない様に転職先選びは慎重に行ってほしいと思います。

人間関係がうまく行かなくて辛い思いをしている医師は多い

人間関係がうまく行くかないことが医師のストレスの原因として大きな要因のひとつになりうることは間違いがないと思います。

原因が解決されないまま辛い状態で勤務を続けている医師は多いです。

この状態をリセットするために医師が取る選択のひとつが転職だという事を私は理解していますし、転職自体を否定する訳ではありません。
ただ、人間関係がうまくいかないということが理由の転職は今回が最後になる様に次の病院を確実に選んでください、というのが私からのお願いです。
人間関係で転職を繰り返す医師は理想通りのキャリアプランを歩んで行くことはほぼ無理になってしまいます。

職場やスタッフに馴染めず人間関係を自分から壊していく医師

人間関係を自ら壊していく医師

人間関係を自分から壊していく医師は少なくないです。
最初は周りの人間に気を遣って働いていたが、次第にそれに疲れてきてしまい、言葉をかけたり、雑談したりという人間関係を築く作業をめんどくさいと思い、そういった配慮をまったくしなくなります。

そうなるともちろん職場にも馴染めないですし、周りのスタッフも先生に馴染めません。

こうやって職場で孤立、ないしは、嫌われていると感じてしまって転職を考えてしまいます。

人間関係が原因で転職を繰り返した医師の現状。

人間関係が原因で転職を繰り返した医師のほとんどが、思った通りの転職が出来なかったといいます。
ライフプランも大きく描き換えざるを得なかったといいます。
中にはうまく行かない原因の多くは職場にあり、自分に非は無いという医師もいました。

それでも、職場に馴染めないという原因で転職を繰り返す医師のうち10人に9人は希望通りの職場で今も働いていません。
やはり、履歴書を度重なる転職で汚してしまう事はかなりの不利益になるという事を確実に覚えておいてほしいです。

転職後の人間関係が不安・・・。そのような思いがある医師の方へ

とはいっても、どうしても職場の人間関係に疲れて、環境をを変えたいという理由で転職をしたいという医師は多くいます。

環境をリセットするために転職を手段として使う事は正直おすすめはしません。
ただ、もし万が一、自分の中でその選択肢しかない。その選択肢こそが最良である。
と考えたならば一度転職エージェントに相談してください。

辛く不安だった日々を、転職により充実した日々に変える手伝いをしてくれるのが、転職エージェントです。

履歴書を汚す転職回数を1回でも減らすために、先生と一緒に希望条件にあった病院を探してくれると思います。