医師転職の失敗事例④【転職を繰り返す事で希望の病院への転職叶わず】

医師転職の失敗事例④【転職を繰り返す事で希望の病院への転職叶わず】

医師転職の失敗事例④【転職を繰り返す事で希望の病院への転職叶わず】

転職を繰り返す医師の失敗事例。後の医師人生で後悔する

新しい医療機関への転職をして、不満が出てきて、またすぐに別の医療機関へ転職。
この様に転職を繰り返す医師はのちの医師人生の中で後悔をするケースが多いです。

私が担当をした医師でまさにこの事例に当てはまる医師がいました。
エージェントに問い合わせてくれた時の医師の年齢は50代前半です。

転職を短いスパンでかなり繰り返している医師でした。
3か月や半年という短い期間で転職を数回繰り返していく中で転職がかなり困難になっていました。

短い期間での転職が1回や2回でなかったので、採用側の医療機関も転職の理由をかなり聞いてきます。
もちろん、医師なりの理由があり転職をしているのですが、採用側の転職先の医療機関もかなり勘ぐってきます。
採用にそこまで困っていない病院はこれほど転職を多く繰り返す医師は、採用してくれないというケースが多くなります。
必然的に医師の出入りが激しい病院や万年求人を出しているあまりお勧めできる訳ではない病院への入職が決まるケースが多いです。

この医師もやはりそうなりました。
事前の面接や面談できっちりと詳細を詰めて転職をしたのですが、思っていたこと、言っていたことと違うという事が多々出てきたという理由で、またすぐに転職を希望されてしまいました。

確かに医療機関が言っていることが理不尽な部分もあったのですが、更に履歴書を汚してキャリアに傷がついてしまう可能性があるこの状況でどんどん満足のいく転職からは離れてしまうのです。

転職を繰り返す医師がなぜ転職に不利になるのか?

転職を繰り返してしまうと、医師に何か問題があるのではないか?と採用側の医療機関に思われてしまいます。

まっとうな理由があったとしても転職回数が多すぎると実は何かあるのではないか?と採用をして貰えなくなる可能性が高くなってきます。

短い期間での転職回数が増えれば増えるほど、デメリットばかり増えてしまいます。

だから、転職をする際には失敗をしないための大切なポイントをしっかりと押さえて行わなければなりません。

それをしないと思い描いていたキャリアプランから大きく外れてしまいます。

転職を考えているなら次の病院が最後の勤務先というくらいの気持ちで選ぶ事!

後悔をしない病院選びをする際に大切なことは取り敢えず転職という考えではなく、ある程度長い期間で勤務する事を前提に探すことが大切です。

資格の取得のための転職などもあると思いますが、それだけではなく、その先の事も考えて転職先を探しましょう。もし、ご自分で探しきれない時は転職エージェントなどを使うべきです。

一番大切なことは無駄な転職を繰り返さないことです。
むしろ一度でも無駄な転職をする事はキャリアプランの大きな変更を余儀なくされると考えて転職先を選んでください。

素敵な医師人生を歩む為に。後悔しない転職を。

一度も転職をせずに医師人生を終わるという医師はほぼいません。
誰しもが転職を経験するでしょう。

その中で後悔しない転職を行う事が医師人生の成功、思い通りのキャリアプランを歩むことにつながります。

一度位失敗しても別に問題ないだろうと考えている医師もいます。

ただ、実際にそう思って安易に転職をして大変な後悔をしたという医師を数多くみてきました。

その中で言える事は納得のいく転職が出来ないと思った際にはエージェントに相談することを勧めます。自分の目と第三者の目の両方から転職先を選んだ方が転職失敗を避けて後悔しない転職成功を実現しやすいからです。
敢えてエージェントに相談しなくてもと思う医師も多いと思います。ただ、100%納得できない部分がある場合や自分で病院といくつも交渉するのが大変だと理解している医師はエージェントに相談する方が長い目で見た時に成功率を高めます。
そうする事で失敗のない転職をする事が出来ると思います。

転職を繰り返さない病院選びで成功した転職事例はコチラ