医師転職の失敗事例③【業務内容の実態がひどかった・・・】

医師転職の失敗事例③【業務内容の実態がひどかった・・・】

医師転職の失敗事例③【業務内容の実態がひどかった・・・】

業務内容が思った以上に大変だったケースの失敗事例

求人情報を見て、意外なくらいスムーズに入職が決まったケースなどに失敗事例は多いように思います。
求人情報だけでは、病院の現状や具体的な業務内容がわからないことは多いです。
だから、面接、面談時に質問が多く飛び交い、思っていたことと違う事がそこで出てくる分にはまだいいです。
そこで話し合いをしてお互いに歩み寄れる部分は歩み寄っていく中で納得した転職が決まります。

ただ、そういった業務内容などについて話し合いが不十分なまま入職をしてしまうと思っていたのと違うという事は多々あります。
入職してから不満を漏らしても仕方がないというケースは多いです。

例えば、転職を希望している医師から聞いた話ですが、残業はそれほど多くないと聞いていたが、週のうちの少なくとも3日は長時間の残業になる。
12時からお昼休憩に入るのに、受付をぎりぎりまで行うのでほとんど休憩できる日などない。
この様な医師がいました。残業の点は考え方の違いかもしれませんが、休憩の点に関しては確実に休憩できないシステムになっていると言っても言い過ぎではありません。
この様に思っていた通りに働けないという環境に陥り現状に不満を持つ医師はとても多いです。

求人情報はまるのみしてはダメ!エージェントに確認するポイント!

求人情報に書いていることをそのまま解釈しようとしてはいけません。
うそを書いているケースはそれほど多くないですが、転職する医師が知っておいた方がいい情報が記載されていないことは多いです。

またエージェントのように色々な病院の医師求人案件をチェックして様々な医療機関の実態と向き合っているわけではない忙しい医師が求人情報に掲載されていない情報まで読み取るのは簡単ではありません。

逆にいうとそのためにエージェントがいます。
具体的な業務内容、職場環境。これは転職後のあなたにとってとても大切なことです。
出来ればエージェントに細かい部分を質問、相談して出来る限り理想に近い医療機関に入職してほしいと思います。

業務内容で確認するポイントまとめ

転職先の業務内容として求人情報に記載されているケースが少ないポイントをまとめてみます。

    ・ほかの科目の医師との連携がどれだけ取れるのか
    ・当直の体制・救急の体制
    ・残業の有無
    ・出勤時間

などがあります。
そのほかにも先生が気になる点というのは直接医療機関に質問するか、質問することに抵抗がある質問はエージェントに代わりにしてもらう方法を取るのが良いでしょう。

病院の実態を知る事が転職成功には重要

転職を成功させるために最も大切なことは病院の実態を正しく知る事です。
もちろん、転職前にすべてを知るということはまず難しいでしょう。

ただ、勤務をする上で気をつけたいと考えている部分だけは最低限把握するという努力は怠るべきではないです。

労働環境というものはとても大切です。
よくも悪くも仕事のクオリティーに大きく影響を及ぼしてしまいます。

だからこそ、自分の理想の環境に近い病院を探したいものです。
もちろん、求人情報をチェックしたり、病院のホームページを確認するという最低限必要な事はするべきです。
ただ、それだけではわからないことはたくさんあります。
出来れば入職前に病院や施設に訪問をして現場をしっかりと見学する事をすすめます。
もし可能であれば、その際は転職エージェントも同行させるとよいです。
先生と違った視点でその病院を見る事が出来るので、よいアドバイスが出来る事が多いです。

病院全体の雰囲気を見ることで色々な発見があることは間違いないです。

病院の実態を出来る限り知る事が転職の成功の一つの鍵であると言えます。

勤務内容の実態に大満足した転職成功事例はコチラ