医師転職の失敗事例②【実際思っていた勤務内容とのギャップによる後悔】

医師転職の失敗事例②【実際思っていた勤務内容とのギャップによる後悔】

医師転職の失敗事例②【実際思っていた勤務内容とのギャップによる後悔】

実際の勤務内容と求人情報のギャップによる失敗事例

実際に勤務してみると、思っていたことと違う。
転職先で思っていた状況ではないという事は、医師の世界でなくても多い事でしょう。
こうなってしまうと、せっかくの仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

私の昔のクライアントでもこういう事があり、お叱りを受けたことがありました。
私自身も病院側から聞いていた話と違ったことが多くて病院にクレームを入れたくなるほどでした。

きっかけは勤務開始時間が違う。ということでした。

初日の勤務日にメールが入りました。
内容は、医局秘書から〇〇先生、明日からは8時に出勤をする様にと命令口調で言われたとかなりお怒りの内容でした。
実際に最初に約束した外来の開始時間は9:00~でした。
その日先生は少し早めの8:30に出勤されたそうです。普段は8:45頃に出勤する段取りをしていたそうなのですが、1時間も早く出勤とはどういう事かと確認を入れたところ、内科のカンファレンスが、8:15からされており、それに参加をする様にという事だったそうです。

循環器内科だった先生には直接関係のない内容のカンファレンスで参加を促しただけだという事だそうですが、事前に伝えておくべきことだと先生は気分を害されていました。言い方も癇に障る言い方だったそうで、病院に対する不信感も募ってしまったみたいです。

これを機に、色んな人との人間関係が悪くなり、居心地が悪くなったそうです。
また、入職前に相談した医療機器の購入の話も流れてしまい、自分のやりたい業務ができないとの話もお聞きしました。

先生はこれでは転職前の病院の方がまだよかった。転職した意味がないと相談をされることも増え、わずか半年で別の転職先を探してほしいと具体的に相談をされてきました。
もう少し様子を見ようという話や、先生と院長や診療部長との話し合いの機会を取る様に話をしたのですが、決定的だったことは、循環器内科に理解のある医師がとても少なく、循環器以外の内科疾患をもっと診るようにと命令口調で言われたことです。

やりたい事も出来ず、キャリアアップも出来ない。
このギャップは、先生にとっては痛恨の極みで早急な転職先の相談を頼まれました。

先生はわずか1年足らずで別の病院に転職をする事になりました。

求人情報だけで読み取れなかった勤務内容や病院の内情に振り回されてしまい、先生の履歴書が汚れてしまいました。

転職後すぐに辞めたいと後悔・・・。だけど実際はすぐには辞めらない

この様に転職後すぐに思っていた勤務内容と違う。
と感じる先生は少なくないのです。

今回のように誰が見ても明らかに違ったというケースだけでなく、人間関係や見えにくい部分での後悔を感じる医師は少なくないです。

折角転職をしたのに、不本意な思いをしながら勤務し続けるのは本当に辛いです。
その後、辞めたいから転職をしようと思っても、様々な事情ですぐに辞めるわけにもいきません。

また失敗を繰り返すことは次の転職に悪い影響を確実に及ぼします。
転職をしたい、すぐ転職。
というのではなく、まずは自分がどの様なキャリアプランを歩んでいきたいかを明確にしなければなりません。
そのうえで転職先に100%遵守してほしい事は強く伝えなければいけません。
転職前の話し合いの場で医療機器の事やその他の希望をしっかりと伝えて意思疎通できていればこの様な悲しい結果になる事もなかったでしょう。

ブラック病院の見分け方!転職後のトラブルを予防!

ブラック病院の見分け方に100%というものはありません。

ただ、見分けはつかないから入職してからというわけにはいかないと思いますので、まずブラック病院である可能性の目安として私が見ているのは年収が異常に高いというケースです。
この場所、この条件でこの年収条件は少し高過ぎないか?
という案件は普段よりも細かくリサーチします。

また医師求人情報が常に出ている病院も要注意です。

このようなケースで調べてみると、結局〇〇だったなどボロボロとよくない話や、求人情報に掲載されていない勤務内容などが出てきます。

また、その後の面談や会話の中、書類のやり取りの中でなかなか必要なものを出してくれない病院、対応が雑などもグレーな事が多いです。

基本的には透明性を感じられるかどうか。
質問に対してあやふやにせず明確に答えてくれるか。
などが入口の見極めとして重要な点です。

もし転職後にブラック病院に入職してしまったら・・・

もちろん、そのような病院に入職しないようにすることが大切です。
ただ、もしその様な事態に陥ってしまった時は転職エージェントに相談をすることをおすすめします。

ご自分だけの裁量でなんとかする先生もいらっしゃらないことはないですが、相当難しいです。
また転職に1度失敗してしまうと、次の転職先を探すことはこれまでよりも困難になります。
もしまた失敗してしまったら、当初思い描いていたキャリアプランを大幅に変更せざるをえなくなる可能性すら出てきてしまいます。

だから、出来れば転職エージェントに事細かく話を伝えて相談してください。

それがブラック病院入職の危機を回避する最も良い手段です。
勤務内容に大満足!医師の転職成功事例はコチラ