医師転職の成功事例⑫【成功する医師の傾向】

医師転職の成功事例⑫【成功する医師の傾向】

医師転職の成功事例⑫【成功する医師の傾向】

年収だけでなく細かい条件まで見る医師

医師転職エージェントには様々な依頼が医師から寄せられます。

年収がいくら以上という点は私たちも必ず確認しますが、それ以外に細かい条件や要望を最初の時点で私たちエージェントが病院と交渉しやすいようにと協力的な姿勢で、きちんと話をしてくれる医師は転職に成功する比率が高いように思います。

 

そういった医師はしっかりと自分のキャリアプランを構築していて、今回の転職は何のための転職で、そのためにどういった条件がそろっている病院に転職するべきかを考えているケースが多いのです。何を病院側に確認して欲しいかなどの意志表示も明確です。

 

また、収入面もとても大切な事なので、年収の条件はエージェントとしても外すことのできない重要な条件の一つなのですが、それしか考えておられない医師は転職でも失敗してしまうことが多いです。

 

何故なら、転職エージェントでも色々な人がいます。自分の利益だけを考えているような担当者に当たってしまうと、ただ、年収が高いだけであまりおすすめではない案件などを紹介されかねません。

 

だから、年収以外の条件もしっかりと考えて転職先を探すことを忘れないでください。

 

スキルアップのための転職をする医師

096ba26deaf7c046a38d8ae6f2d18c7c_s

医師が転職をする際に大切にすることはやはりスキルアップの部分だと思います。

現状働いている病院では専門医をとることが出来ない。症例数を増やす為に非常勤のバイト先を探してもなかなかみつからない。

 

そんな時に新しい勤務先の病院を探すという流れになることも多いです。

 

また現在の病院には専門医が取れるまで勤務してその専門医を取ることが出来ればまた次の新しい資格を取ることが出来る病院に移ると計画をしっかりと立てている医師も多くいます。

そういう医師はしっかりと自分の考えを持った医師が多いので転職先を探す際もスムーズに進むケースが多いですし、病院側も快く迎えてくれるケースが多いです。

 

何故転職を考えているのか。それはなんのためなのか。その部分がお金よりもむしろスキルアップが中心の医師は病院側にも喜ばれます。そういう医師を病院側は高く評価し、年収面でも通常よりも好条件を提示してくれることが珍しくありません。

 

喜ばれる人材になるということは収入面も期待できるケースが多いので、回り道と考える医師もいるかもしれませんが、実際にはそうではないことも知ってほしいと思います。

 

科目を広く診る医師

9785903bbbb49fd53413ae1ecfd35269_s

また、科目を広く診る医師も転職を成功させます。

必ず〇〇内科でないと勤務したくない。〇〇外科以外の病院は資料にも目を通さない、話を聞かない、聞く耳を持たないという医師は割と多いです

 

ただ、ほとんどの転職エージェントは医師のキャリアプランを考えて提案していることが多いです。

だから、先生が最初に希望条件で提示した業務内容や診療内容と少しずれている場合でも病院側には、その診療科目や業務内容を担ってくれる医師を求める理由があり、提案してきた転職エージェントにも先生にその病院を提案するだけの理由があります。どうしてその医師求人案件(診療科目、業務内容)を提示してきたのか意図がわからない場合はまずエージェントに聞いてみることをすすめます。

 

医師求人案件によっては違う診療科目を標榜している様に見えても結局は先生が考えているキャリアプランに合致しているケースもありますので、しっかりと確認してみて下さい。

 

もちろん、中には心無いエージェントも存在することは事実ですので、エージェントのいうことを鵜のみにすることはお勧めしませんが、確認をしてみると意外といい案件だったということもあるかもしれません。

 

エージェントをうまく使う医師

ec01d9fc71a073ec715eb745326f5246_s

転職先を考える際に、伝手をたどるやり方、自分で探すやり方、エージェントを使うやり方と様々ですし、それぞれメリットデメリットはあるでしょう。

 

ただ、やはり転職を上手くする医師はエージェントを使っているケースが多いです。

エージェントは常に全国の様々な転職案件を探し続けています。

 

医師が医師業をしている間もエージェントは常によい転職案件を探し続けています。だから、当然様々な医師求人案件に触れて、様々な病院と接触しています。

 

だから、転職エージェントに相談することがマイナスになることはほとんどないのです。

エージェントは自分の会社の利益しか考えていないからいい案件をもらえないと考えている医師もいる様です。

中にはその様なエージェントがいることも事実ですが、ほとんどのエージェントはそうではありません。

ただ、エージェントを上手く使える医師とそうでない医師の違いはしっかりと自分の条件を伝えることが出来ているかそうではないかという点が最も大きいです。

 

上手く使えていない医師がエージェントに相談する場合は大体メールで年収が〇〇万円以上で〇〇科を希望している。〇〇市から〇キロ以内で探している。とだけ伝えます。いい案件があればメール下さい。その後この点をもう少し教えてほしいといってもその部分は教えてくれない。

 

これは私たちエージェントにはかなり難しい連絡です。もちろん、その様な病院はあるでしょうが、かなり狭い範囲の中での病院探しになってしまいます。

 

では、上手くエージェントを使う医師はどの様に相談をしてくれるかというと、たとえメールであっても何故その年収を希望しているのか、なぜ〇〇科の医師募集案件を探しているのか、希望の場所はなぜその場所なのか。また、今回転職を考えた理由は何かなどを詳細に送ってくれます。

 

その様に話をしてくれると、私たちもプロですので、そういう希望をお持ちであればと少し違う角度でさらに先生のキャリアプランを充実させることが出来る病院の提案が可能になることがよくあります。

私たちエージェントから医師の情報が洩れることは100%あり得ないですし、あってはならないことです。医師の将来のお手伝いをしたいと考えて転職先を探すエージェントが大半です。だから、その点は信じてすべてお話をする事が転職を成功させる大切なポイントであるといえます。