医師転職の成功事例⑩【ブランク明けの女性医師がスムーズに復帰】

医師転職の成功事例⑩【ブランク明けの女性医師がスムーズに復帰】

医師転職の成功事例⑩【ブランク明けの女性医師がスムーズに復帰】

出産・育児を理由にブランクが長くなると、日々進化する医療業界についていけず再就職は難しいのではないかと心配している女医は少なくないと思います。しかし、今では復職支援のある医療機関もあります。そういった医療機関で上司や同僚の理解を得ながら、育児制度の整った病院に転職することで子供の学校行事に参加することを諦めないで良くなった医師もいます。また、ブランクを少しずつ埋めるために産休・育休中に無理のない程度に非常勤として勤務する選択をしているケースも少なくありません。ここではブランク明けの女医の転職について、スムーズに復帰できた成功例を交えながら解説していきます。

 

出産や育児でブランクがある女性医師の転職

年々女医は右肩上がりに増えてきている一方、出産や育児でブランクがある女性は臨床現場を離れる人が多く医師不足問題にもつながっています。ブランク明けの転職では育児をしながらフルタイムで勤務するのか、非常勤として勤務するのか、自分の目指すキャリアプランや仕事と育児の両立について考える必要があります。

また、ブランクの期間が長ければ長いほど再就職するまでに心理的ハードルが上がり、「今現場に戻っても現役の医師との差が埋められないかも」と本当は復帰したい気持ちがあっても出来ないとうジレンマと抱えている人は少なくありません。

それ故に、子供と一緒にいる時間を出来るだけ確保したい医師や家族の支援が難しい医師は、産休・育休の取得実績があり、科に育児制度の活用実績があるところや保育所が備わっている病院を出来るだけ早めに探して、出産後まで考えたキャリア設計をしておくと良いでしょう。

 

復職支援のある職場で転職成功

tigai

子供がある程度自立するまで親の仕事は終わりません。保育園に入学したら発熱や感染症で保育園までお迎えに行かなければならないかもしれませんし、仕事に行く前に子供が病気になったら看病しなければならないでしょう。そのようなとき、家族の支援が受けられない人は転職さえ諦めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、今では徐々に女性医師の復職支援や育児制度が整った病院が増えてきています。そういった病院に転職した医師は、当直や残業を免除してもらい時短で勤務し育児との両立がうまく出来ているようです。また、子供にある程度手がかからなくなってから、非常勤として再就職し最初は月に2回程度の勤務から徐々に時間を増やしていくといった働き方をしている人もいるようです。職歴にブランクがありながらも、無事に復職出来ている人は多くいます。

 

ブランクを埋めるために非常勤で復帰

f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s

大学を卒業したあと、研修期間を経て結婚適齢期を迎えた女性医師は出産・育児と仕事の両立について考え始める時期かと思います。キャリアも家庭も諦め無いためには、早いうちから専門医取得の時期も考えたプランを練っておく必要があります。プランを立てる際、どうしても出てきてしまう期間は産休中のブランクの期間です。最近では、常勤医師の復職支援に力を入れている医療機関もありますが、産休中に医師としてブランクを埋めることは難しいでしょう。

そこで出産・育児でブランクがある女性医師は、職場復帰を目指して非常勤の医師として復帰する医師もいます。ブランクの期間で心配するのは、診療の感覚や新薬などといった日々進化する医療の現場に追いつくことができるかということだと思います。こういった心配を、まずは非常勤やスポット医の業務を通じて現場の雰囲気を思い出し、遅れてしまった医療の情報を取り戻すことを計画して非常勤医師やスポット医を希望する人も増えてきています。

 

産休の取りやすい環境で第2子出産時も安心

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s

第一子の頃はほぼ産休だけ取得し、現場に復帰したという女性医師も2人目となると年齢もあがり、体力面を考慮すると産休も育休も充分に取得したいという女性医師は多いです。また、第一子の出産後に、産休・育休を経て復帰したものの急な休みや早退に対応してくれなかった職場や、研修時期に妊娠出産をし、肩身の狭い思いをしたなどの不満があり、第二子の妊娠を機に転職を考える人も少なくないようです。そうした要望に応えてくれる病院に再就職した医師は、子供が産まれてからしばらくは年収ダウンを覚悟して当直なしの時短勤務をしている人が多くいます。専門医の取得時期や、あなたがこれからの将来は家事・育児にしっかり時間をとりたいのかによってキャリアプランは変わってきます。転職を考えている医師は、まずは自分の要望を整理し、それに合った育児制度が整った病院に転職するか、非常勤医師としてのんびり勤務するかを選択しなければなりません。

育児のストレスと仕事のストレスが重なると自分の体を壊してしまう可能性もあります。出産・育児を理由に転職しスムーズに復帰出来た医師は、自分の第一子・第二子の出産、その後のライフプランに合わせて勤務先を柔軟に変えて来ている人が多いです。