医師転職の成功事例⑨【様々なトラブルに対処して病院からの評価を上げ続けて評価UP!】

医師転職の成功事例⑨【様々なトラブルに対処して病院からの評価を上げ続けて評価UP!】

医師転職の成功事例⑨【様々なトラブルに対処して病院からの評価を上げ続けて評価UP!】

予想していない、人間関係やその他のトラブルがあっても、病院側が希望する立ち振る舞いができて、問題点を解決していける医師。スタッフや病院側からも厚い信頼を勝ち得、評価が上がるだけでなく、働きやすい環境を自ら作り出している。

 

 

トラブル解決能力の高い医師は高評価!

1139f4e13b46a40d5d342bf1b3ca124a_s

トラブルメーカーと呼ばれる医師は退職時に病院から引き止められることはまずないです。揉める原因となりやすい医師は退職の意向を示すとすぐに受理されることが多いのです。

 

それは、病院側としては、医師に限らず、揉める原因になりやすいスタッフは円満に退職してもらった方が良いからです。

 

トラブルメーカーの医師から退職の意志表示があれば、口では残念ですと言いながらも、腹の中ではいいタイミングだとすぐに受理してくれるでしょう。

 

逆にトラブルが起こった時に円満に解決に導くことが出来る医師の評価はすごく高くなります。このような医師は退職の意向を示すとまず間違いなく引き止められます。病院にすごく貢献をしてくれる医師であるからです。

 

結局、医師と患者だけでなく、病院内は色んな人間関係で成り立っています。だからこそ、人間関係のトラブルを上手く解決できる医師を病院としては手放したくないのです。

 

医師とスタッフ、スタッフ間同士で揉める事、揉めそうになるのはよくあることです。

 

ただ、その際に起こった人間関係の問題を円満に解決が出来る医師は院長だけでなく、周りのスタッフからも評価が高くなります。キャリアアップなどで別の病院に転職する際にも惜しまれての退職となり、退職後も何かあれば病院側からお声が掛かるのは、このような医師です。

 

スタッフたちの潤滑油的役割を上手にできる医師は必要とされている

人間関係を円滑にすることが出来る医師は常にどの医療機関でも必要とされています。

 

忙しい医療現場では人間関係のこじれはよくあることです。スタッフ間の人間関係がよくないと、仕事にも、もちろん悪い影響が出てきてしまいます。

 

そんな時に医師同士の間を取り持ったり、医師とスタッフ、スタッフ同士の潤滑油となる様な医師はどの医療機関でも必要とされており、重宝されるんです。

 

人間関係が円満であれば、仕事はうまくいきます。

 

仕事が上手くいくので、病院の評判もよくなり、患者も増え、スタッフの離職率も下がり、病院の経営も安定するという訳です。

 

 患者とのコミュニケーショントラブルを解決できる医師の評価

d8f8adbb553791a9dc80e9781bc2d898_s

患者とのコミュニケーショントラブルを円満に解決できる医師の評価も非常に高くなります。

 

逆にトラブルメーカーと呼ばれる医師は、スタッフとだけでなく患者とも揉める機会が多いです。

 

そういう医師に見られる傾向として、問題が起こりそうになった時に誰にも相談をしないという事が挙げられます。

 

あちこちでトラブルの火種を抱えているため、ある日突然、損害賠償請求をされるというケースも少なくないんです。

 

最近は病院を訴えるケースもあれば、医師個人を訴えるケースもありますが、ただ、どちらのケースにしても病院側には非常に悪影響が及びます。

 

だから、こういったトラブルメーカーと呼ばれる医師とは逆に、患者といい関係性を築くことが出来る医師は非常に評価が高くなります。

 

トラブル解決が病院の経営視点で見るととても評価が高い

トラブルメーカーの医師がスタッフと揉めると、優秀なスタッフが退職してしまう原因になることもあります。パワハラが問題となるケースもあります。

 

急に優秀なスタッフが退職してしまうと、その時にタイミングよく代わりのスタッフが入職してくることなどは少ないので、病院としてはかなりの痛手になります。

 

さらにそれだけでなく、大きく揉めると損害賠償請求などをされることもあります。このケースは病院というより、トラブルメーカーの医師に対しての訴えとなる場合が多いようですが、病院の評判も悪くなってしまいます。

 

また、患者との場合でも同様です。

 

患者も医師と揉めると当然来院しなくなるし、場合によってはスタッフの時と同じように損害賠償などで訴えられることもあります。

 

ただ、この際は医師に対してだけでなく、病院に対しての訴えであることも多いので、直接的に病院の評判に関わってきます。

 

だからこそ、トラブルを起こさない医師、またトラブルを上手く解決する医師は経営視点で見ると病院からの評価が更に高くなるという訳です。

 

病院から必要とされる医師になる為には

病院がもっとも必要とする医師は患者からの評判が良い医師ですが、スタッフ間の人間関係を円満に取り持つことが出来る医師も同様に評価が高くなります。

 

トラブルメーカーといわれる医師と正反対のタイプの医師です。

 

人間関係でもめてしまうと、病院にとっても周りのスタッフにとってもいいことはないです。

 

何かと多忙な医師ですから、周囲のスタッフや患者さんは聞きたい事もなかなか聞けないという事が多く、最初から気軽に相談される事は少ないでしょう。普段から周りのスタッフや患者さんへ声を掛けいつでも話しかけやすい、相談しやすい雰囲気をつくることが重要です。

 

もし自分が病院内で日々発生しているちょっとしたトラブルを解決できる医師になればどの病院にいても重宝されることは間違いないでしょう。