医師転職の成功事例⑤【転科して良かった】

医師転職の成功事例⑤【転科して良かった】

医師転職の成功事例⑤【転科して良かった】

転科による転職成功事例。適性が重要。

今の病院や医局を辞めて転職したいという医師の中には転科を考える医師がいます。あるアンケートによると、転科を考えたことがある医師は全体の3割未満で、そのうち実際に転科した医師は1割を少し切る人数となっていました。残りの2割程度の医師は転科を考えたことはあるが実際には転科はしなかったということです。7割以上の医師は転科を考えたこともないという結果でした。

また、転科をした年次を見ると、4割ちょっとが5年目未満、2割ちょっとが6年目から10年目未満で、実際に転科をした医師の6割以上が医師になって10年目までという若い時期に転科をしているようです。まだやり直しがきく時期という判断なのでしょう。
それ以降になると転科を考えても実際には行動には移す医師はだんだん少なくなってくるようです。これまでやってきた専門科目の勉強や経験を投げ打って、全く違う専門科目をまた最初からやり直すということに躊躇するという医師の心理は理解できます。
年次が20年を超えてきての転科で多いのは外科医がメスを置くケースなどです。年齢が50歳を過ぎたころから外科医は働き方を変えたり、内科や訪問診療などこれまでの経験を生かせる転科や転身を考え始めるケースが多いようです。

医師の転科は決して一般的ではありませんが、医師になって5年目くらいまでの医師であれば転科という選択肢もありだと思います。その後の長い医師人生を考えると、適性や興味によっては転科して短期的に見ると少し遠回りになっても十分に挽回できる時間があるからです。転科を考える際にとても重要なのは自分に適性があるかどうかを客観的な目で見てみることです。

それでは、実際に私が担当したケースを含め、転職で転科して良かったという医師の事例をご紹介していきましょう。

放射線科への転科の成功事例

放射線科へ転科した呼吸器内科医師がいました。胸部の読影が好きでもっと全身をみたいという気持ちが強くなり放射線科の専門医を目指すということでした。年齢がまだ30代だったことと読影が好きということからも放射線科医としての適性があった転科成功事例といえるのではないでしょうか。
放射線科には他の診療科との関連がある領域が多いと言われています。他の診療科で経験を積んだ医師は、放射線科に転科しても、これまでの知識や経験をいかせる場合があり、これまでの専門領域に限ってみると、放射線科でずっとやってきた医師よりも局所の診断や治療において秀でることもあるということです。特に若い年齢での転科であれば腫瘍内科医が画像診断医になったり、IVRを専門にしたり、放射線治療医になることも十分に可能でしょう。

精神科への転科の成功事例

精神科への転科にはどのような適性が求められるのでしょうか?
精神科医は求人が増えている専門科目のひとつです。社会的ニーズが増えていることから精神保健指定医を目指す医師が増えています。民間病院でも精神保健指定を取得できる医療機関は多くあります。精神科への転科を考える医師は全体的には内科系の医師が多いように思いますが、外科医の先生が精神科へ転科して指定医を取れる病院へ転職したいということがありました。この医師は年齢が40代に入ったばかりで消化器外科専門医なども持っていましたが、遅かれ早かれ年齢や体力の衰えによっていずれは手術から離れることになるので、早めに転科して以前から興味があった精神科でやっていきたいとのことでした。今は精神保健指定医も取得し、精神疾患患者の合併症も幅広く診療できる医師として転職した病院で頼りにされてやりがいがありますよと近況報告をいただきました。適性という意味では新しい分野に対する探究心があり勉強熱心だった点が精神科への転科を成功させた要因のひとつといえるでしょう。

皮膚科への転科の成功事例

皮膚科へ他の専門科目から転科をするという事例は医師免許取得後間もない医師か年齢が若い医師以外ではあまりないと思いますが、女性医師が増加し、それに比例するように皮膚科を志望する医師が増えています。しかし、皮膚科の医師求人はあまり多いとはいえません。そういった事情もあり、転科といえるかどうか分かりませんが、美容皮膚科へ転職したいという皮膚科医の転職成功事例は多数あります。
30代の大学病院勤務だった皮膚科の女性医師が以前から興味があった美容皮膚を勉強したいということで美容未経験者歓迎の皮膚科医師求人に応募してこられました。美容皮膚科への転科の適性という面では、美人で清潔感がある外見と、社交的な性格、それに皮膚科専門医を持っていたことが美容未経験でも採用につながり転科で転職を成功させて要因だったと思います。

リハビリへの転科の成功事例

リハビリは転科成功事例が多い専門科目のひとつです。
高齢化に伴いリハビリ専門医の有無を問わずリハビリ医を求める医師求人が増えています。
特に脳神経外科医や整形外科医はこれまでの経験や知識が生かせ、年齢の制約もあまりないこともあってかリハビリ医へ転科している成功事例が多数あります。内科や外科、回復期病棟専従医としてリハビリに関わっている医師が本格的にリハビリに携わりたいということでの転科も多いです。
その中で脳神経外科医からリハビリ医に転科して回復期リハビリテーション病院へ転職した事例をご紹介します。年齢は60代の男性医師でした。術後患者がリハビリによって徐々に回復していくのを見るのが楽しいとのことでゆったり働けるのもいいねとリハビリに転科して今の回復期リハビリテーション病院での仕事に満足しておられるようです。

その他の診療科目への転科をお考えの方へ

その他の診療科目への転科をお考えの医師の方は、年齢やこれまでの経験、知識、専門医資格、今後のことなどをよく考えて、転科を検討している診療科目のことをよく調べて、その診療科の医師に転科した医師が身近にいるか、転科してやっていけるのかなどを聞いてみるのが転科を成功させるためには最低限やるべきことでしょう。
転科したいとか今の仕事を辞めたいと思うきっかけは医師のよって色々だと思いますが、勢いだけで転科へと動いてしまって転科で失敗して後悔をしないようにしてほしいと思います。
また、医師転職エージェントに転科したいと考えている専門科目の医師求人状況なども聞いてみて転科をするかどうかの判断材料にするのもいいと思います。転科には覚悟と相当の努力が求められますので転科したいという気持ちが本物かどうか、しっかりとした将来展望と計画が転科成功のためには大切です。

転科の適正がなくて、転科での転職失敗事例もご参考にして下さい。

あなたも転科で新しい医師人生を!転職成功を応援しています。

今の専門科目は向いていない、適性がないなど毎日が辛いとか今の仕事を辞めたいと強く感じている医師の方は転科を考えてみるのもいいかもしれません。閉塞感を打ち破って新しい医師人生を切り開くことができるかもしれません。転科による転職をしたいとお考えの医師の方は一度転職エージェントへ相談してみられることをお勧めします。転科したい専門科目へのあなたの適性について一緒に考えてくれる転職エージェントを探してみましょう。