医師転職の成功事例③【業務内容の実態に満足】

医師転職の成功事例③【業務内容の実態に満足】

医師転職の成功事例③【業務内容の実態に満足】

業務内容の実態に大満足!転職成功事例

転職をする際に気をつけるべきことをきっちりと押さえていけば現状よりも満足できる医療機関への転職も可能です。

求人情報の内容だけで医療機関を判断する事はかなり難しいです。
面接、面談の中でその医療機関を判断していかなければなりません。

求人情報には掲載されていない細かい点をチェックする事はとても大切です。
残業はどれほどあるのか。
業務内容は実際にどうなのか。
外来の数など求人情報に書かれているケースとそうでないケースは多いです。
気になる点は事前に確認をしておくことで、業務が開始しても違和感なく診療にあたって行くことが出来ます。

私が担当した医師の中でも、転職で満足したとおっしゃってくれた医師は多くいます。

以前働いていた病院では、当初の話よりも残業が多く、手当も出ないという実態でした。

その点を考慮して、事前の面談、面接の際にしっかりと外来の数、残業の有無などを確認しておくことで、実際に勤務が始まってからも以前の病院と違い、時間の拘束、残業の有無など思っていた通りに働くことが出来て満足しているとおっしゃってくれました。
事前に確認をしっかりと入れておくことで思っていたよりもよくないという結果を回避できる確率がグッと高まります。

業務内容のココをエージェントに確認しよう!!

転職先の医療機関で働き始めると業務内容が聞いていたのと違うという話を聞くことは少なくありません。
そのためにもしっかりと事前に確認する事が必要です。

医師から直接聞きにくい事などがある場合は、エージェントなどを使って相談することがベターです。

求人情報に掲載されていない内容はどうなっているかは聞かないとわかりません。
都合の良い様に勝手な解釈をしてしまって後から違うとなっては元も子もありません。

業務内容、職場環境、給与や手当などしっかりと確認したうえで話を進めていくべきだと言えます。

求人情報と実際の勤務実態が違って転職を繰り返す医師が多い実情

実際に私たちにお声をかけてくれる医師の中には、短いスパンで転職を繰り返している医師が少なからずいます。
勝手のわからない転職活動の中、大切なポイントを押さえないまま転職をして、実際に勤務していると話が違うという事でまた転職。

これを繰り返すことで履歴書が汚れてしまって転職先の医療機関の選択肢がどんどん狭くなってしまいます。

それにより、よくない転職を余計に繰り返すことになる。
これはもう悪循環です。
悪循環に陥りたいと思って転職をする医師はもちろんいませんが、転職を失敗した医師は同じような失敗を繰り返してしまうケースがかなり多いです。
一度失敗するとそこから脱却する事は非常に難しいです。

実際の業務内容の実態がひどくて後悔した転職失敗事例はコチラ

そうならないためにも、転職は慎重に行っていただきたいです。
勤務の実態、業務内容の確認等を怠らずにしっかりと確認することを忘れないでください。

勤務実態に満足する転職を成功させる為に

勤務実態に満足する転職をするために最も大切なことは確認を怠らないという事。
確認する際に先入観を持たないという事です。
これまで働いてきている医療機関での常識と新しい医療機関での常識は違うという事はよくある事です。
そのためにも客観的に考えて質問をしてください。

満足した仕事をするには、モチベーションが高いまま勤務をする事が重要です。
思っていたことと違うという事が出てくるとどうしてもやる気を失ってしまいます。

勤務内容の確認、労働環境の確認に関しては、勤務を始めていい仕事をするためにも、事前に入念に確認してください。
何を聞けばよいか分からない医師は転職エージェントに相談してください。
そうする事で満足する結果を得る転職が出来る可能性が高まります。