医師転職の成功事例①【医局からの円満退局】

医師転職の成功事例①【医局からの円満退局】

医師転職の成功事例①【医局からの円満退局】

医局を辞めたい!円満退局の成功事例

医局を円満退局した医師はその後のキャリアも順調にいっているという事が多いです。
医局との関係が良好な状態で退局をしているので、同門との関係も良好で、なんのしがらみもなく、退局後のキャリアも思い描いていた通りに進んでいくことが多いです。

教授と喧嘩別れをして退局した医師は自分の描いたキャリアプラン通りに医師人生を送れることは残念ながらほぼありません。
医局からの退局の失敗事例はコチラ

医局を辞めたいと思った時は辞め方も含めてしっかりと考えて下さい。
医局を円満に辞める事が今後のキャリアプランの重要な一歩であることを理解してください。

以前、自分で転職先を探していて、上手く話がまとまらなかったという事で連絡をくれた医師がいました。
この医師は医局長に相談もしないまま、とある病院と転職の話を進めていたのですが、条件面で折り合いがつかず、話がなくなった所で連絡をくれたのが良かったのです。
私はすぐに医局長に相談をすることを勧めました。
すぐに転職をしたいという事ではなく、自分のキャリアプランを話して、そのために退局をした方がいいのか悩んでいるという話をしてみて下さいと伝えました。
そのうえで私たちの方で病院を探しながら、進捗具合を見て、その都度医局長に相談を持ち掛ける様にしました。
相談を受けていた医局長は教授にこの話をしてくれており、退局は円満に進みました。
事前に連絡、報告をしている事で医局側としても、この医師の退局は想定内の出来事であり、人事もスムーズに行えた様で、大きな問題なく退局できました。

結局、退局の際に大切な事は早めの連絡です。

成功事例から学ぶ!医局の上手な辞め方

医局の上手な辞め方でポイントになる事はやはり事前の相談や連絡のタイミングと方法です。
どの様な理由であれ、退職をする際に急な連絡や挨拶では、円満に退職する事はできません。

所属病院、大学医局にも迷惑が掛かってしまいます。

出来る限り早めに退局の意志を伝える事です。
ただ、当然その際に辞めた後の事をしっかり考えていなかったり、理由が明確ではなかったりすると、話がうまく進みません。
まず医局長などに相談をする前に自分は医局を辞めた後にどうしたいのか。
明確なキャリアプランを持ちましょう。
そうすれば相談もスムーズですし、その後の退局も円満に進む事は間違いありません。

あなたの思い描く医師としてのキャリア、年収を得て欲しい

医局を辞める事に抵抗があり、思い描く医師としてのキャリアプラン通りに進んでいないという医師を多く見てきました。

やはり、医師の皆さんには思い描くキャリア、年収を得てもらいたいと思います。

そこでもし、理想のキャリアを進むうえで、医局を辞める必要があれば、医局はタイミングを見て辞めるべきです。
確かに医局を辞める事に抵抗がある医師は少なくないでしょう。
ただ、医局にいる事よりも自分が理想とするキャリアプランを、実現することを最優先してください。
医局にいてはそのプランが達成できないという時には退局を考える必要があるでしょう。

医局を辞めることに抵抗があるという理由だけで、キャリアプランを変更する事はありません。

医局にとらわれることなく、あなたの思うキャリアプランを成功させてください。

エージェントが教える「円満退局の仕方」まとめ

円満退局の仕方はとにかく、早めに医局長に相談をすること。
早めに自分自身のキャリアプランを出来る限り明確にすることです。

どちらか一方だけでも、欠けてしまっていると円満退局はできません。
つまり、キャリアプランの成功はありません。

医局の辞め方はむずかしくありません。
しっかりと相談をする。出来る限り早めに。それだけです。

その際にしっかりと自分のキャリアプランが明確になっていればいるほど、スムーズに退局に向けて自分自身も周りも動いてくれます。

そのために
早めに医局長に相談をすることと、早めに自分自身のキャリアプランを出来る限り明確にすること。

これを読んでいる先生には、この2点を必ず念頭において、素晴らしい医師人生を送っていただけることを願っています。